読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【第1弾】僕はこうしてサンタになった 〜僕の中で一番大切にしていること〜

こんにちは
@chocopie116です


このエントリーでは、皆さんに僕が最高にオモロー!と思って、人生これからずっと続けていこうと思っていることを是非皆さんにも知ってもらいたいと思い、エントリーを書きました。

とりあえずこのエントリーをよむまえに下のBGMを再生ときましょうw




どうですか?年末が近づいている今日この頃皆さんいかがお過ごしですか?
もしかしたらデパートとかでもうこの音楽がかかっている場所があるかもしれませんね。
ところでいつもクリスマスソングを聴いたときにあなたは何を思い出しますか?



恋人との食事にいくレストランどうしようかなと今年のクリスマスを思い浮かべますか?

昔好きだったあの人とのちょっぴり甘く苦いあのクリスマスの想い出を浮かべますか?

恋人のいない友達同士で馬鹿騒ぎしたあのクリスマスを思い浮かべますか?





3年前までの僕は、クリスマスといって思い出すものは、

・小学校の時にお母さんが用意したプレゼントを車のトランクの中で見つけてしまったこと

・当時好きだった女の子の笑顔が見たくて雪が降りしきる中レディースマンションの1Fで女装のサンタコスプレをして「あんた、アホなん?」と言われてクリスマス当日に全力でフラレたこと

・そのままカラオケで女装サンタコスプレをしたらチャラ男にナンパされたこと

・そんな男子と「ちょwww俺男www」といって謎に意気投合して、トイレでカシオレを垂れ流すサーバーとなり果てたこと

そんなことを思い出します(最悪ですねw)


そんな僕も3年前にチャリティサンタという活動に出会ってから、クリスマスが楽しみで楽しみでしょうがなくなりました
毎年12月24日が楽しみで楽しみで、終わった後も次の年が楽しみで楽しみで思い出すだけでニヤニヤしちゃいますw


このチャリティサンタという活動は、いわゆるクリスマスにサンタになるんです!!!



わからないよねw

簡単にいうとサンタになって、子どもたちの家に行き、親から預かったプレゼントとメッセージを子どもに届けるというもの。
その対価としてチャリティ金をお預かりし、それを世界中の教育機会の恵まれない子どもたちが自分で未来を切りひらいていくための自立を支援するチャリティ活動をおこなうことです。


僕も3年前に行ってから虜になりました。

いや、クリスマス独特の予定はいるかも〜という淡い期待をくだかれた12月中旬にmixiで見つけたこの活動にノリで参加したんだよね。


12月24日は、世界中がたくさんの笑顔にあふれていて、しかもただの笑顔じゃなくて、最高にニヤニヤしただらしない顔でみんなが笑っていて、
自分も誰かのサンタという夢の詰まった特別な存在になれること


こんな体験は人生でなかなかない貴重なものです


僕は、僕が関わる人全てに一度騙されたと思ってサンタになって僕が虜になっている12月24日の過ごし方を体験してもらいたい。

そこで僕が体験した12月24日の1つの素敵な過ごし方を紹介したいとおもってます



とまあ、相変わらず前置きが長いのはデフォルトです。




〜とある年の12月24日〜


クリスマスサンタになろうよ!とわけのわからない感じの声かけのもとに、集められた人々が一同に会します。
正直この時はみんな半信半疑ですね笑

ちなみに参加者は一度サンタになるためのサンタ講習会というものを一度受けた状態で集まっています。



そんな人達が用意された衣装に袖を通していきます
徐々にテンションが上がりすぎておかしなことになっていきます。
ちなみにチャリティサンタは、子どもたちの夢を守るということを前提に活動をしているので、
まゆげにはわた、あごひげも装着必須という徹底ぶりです。(冒頭の写真は僕が参加した2009年の時のもので、そこからサンタがバージョンアップしています。)


誰もが人生で一度は死ぬほど待ち遠しかったサンタクロースの衣装をきれてみんなテンションがあがってますw

こどもたちのもとに出発します
サンタは、たくさんの子どもたちの家をまわらなきゃいけないので、こういった都市部ではもちろん地下鉄を使います

周囲からの視線がたまらないです。

普段道行く人に声をかけられることがあっただろうか

手を振られたことがあっただろうか

目を合わせただけで大喜びされたことがあるだろうか


思わず年中サンタになりたくなります


地下鉄乗る絵とか完全にシュールですね。

車内でも手をふります。
飴を配ります。


道中の子どもたちにはもちろん声をかけていきます
こどものマジ照れなリアクションと、お母さんの「いいから、サンタさんだよ〜」という猛プッシュが
リアルで嬉しいです



いよいよ依頼をいただいたおうちにたどり着きます


家に入る前、これほんと死ぬほど緊張するんだよね!!
子どもたちはサンタのことを信じているんだろうか?とか
もしもサンタのところに来てくれなかったらどうしよう?とか
これは女の子に告白するレベルで緊張する!
なんたってその子にとって1年で付き合える男はたくさんいるけど、サンタは1人だもんね!w


ここから先は、サンタと子どもたちだけの想い出です






親御さんと、お子さんの喜びようは、お宅におじゃましたサンタしかわかりません

でもご家庭からお手紙をもらうことがあります



これは子どものお手紙なんだけど、かろうじて2人姉妹で、サンタにお礼をいってることは読み取れるねw



ご家庭からのサンタへの寄せ書きです。
親御さんの願いがとっても詰まってます
こどもは照れるので、なんだかんだで一番嬉しそうな顔するのは親だったりしますw



道行く人がニヤニヤしながら手を振ってくれること

地下鉄を待っている間でも綺麗なお姉さんが笑顔で微笑みかけてくれること

デパート帰りのお母さんからメリークリスマスと声をかけてもらうこと

プレゼントと夢と親の願いを届けた後に、また来年も来てくれる?と照れながら言う子ども

サンタをみて喜ぶ子どもをみて、最高に嬉しそうな表情をする親

そんなサンタチームがプレゼントを届け終わって戻ってきた時のテンションMAXのニヤニヤ顔


なんだかんだいってサンタが一番ニヤニヤしてるのかもしれません。



いろんなクリスマスの過ごし方があると思います。
今年も間もなく街はクリスマスに彩られます。

これからの皆さんの人生において何十回かあるクリスマスの1回を、サンタになってみませんか?
子どもたちのこれから何十回もあるクリスマスをもっと夢であふれた素晴らしいものとするためのお手伝いをしませんか?





興味のある方は下記のHPをみてください^^

どういうことか気になる人は、ブログヘのコメントとか僕に直接問い合わせをしていただいても構いません。


チャリティサンタについて知りたい方はこちらから
http://www.charity-santa.com/ (公式HP)


サンタを心待ちにしているお子さんが身近にいる方や、当日サンタクロースになりたいという方は是非下記を
http://www.charity-santa.com/ask_us/index.html  (お問い合わせ)


下記は関わっている札幌支部のボランティア説明会の申込みフォームです。(ちなみに札幌以外でも全国で活動しています。)
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P53300112


もし今年は参加できなさそうでも、興味のありそうな友人とかがいれば、facebooktwitterなどで紹介してもらえると嬉しいです^^